校長挨拶


「生徒の主体性を育み、一人ひとりの夢を実現する豊浦」

山口県立豊浦高等学校  校長 根ヶ山 耕平

 山口県立豊浦高等学校のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 本校の淵源は、寛政4年(1792年)の藩校敬業館の創立に求められますが、正式に発足したのは明治32年(1899年)の山口県豊浦中学校創立の時期です。
 本校は、今年で122年を迎え、同窓生も2万3千名を超えております。地域社会をはじめ、全国各地で活躍しておられますことは、本校の大きな誇りであります。

 本校の校訓三綱は「至誠一貫」「進取向上」「自治協同」です。また、教育目標として、質実剛健・自主自律の精神を養い育てるために「『文武一徳』の人づくり」を掲げています。これらの校訓、教育目標の下、これからも豊浦高校の歴史と伝統を大切にしながら、保護者の願いや地域のニーズ、生徒の実態などを踏まえ、進路実現に必要な学力だけでなく、様々な学校行事や部活動を通して、豊かな情操や規範意識、互いのよさを生かして協働する力、また、困難を乗り越え、物事を成し遂げる力などを育んでまいります。

 また、本校は、保護者の方や地域の方などを委員とする学校運営協議会を設置して、コミュニティ・スクールを導入しています。学校・家庭・地域の連携協働の下に、これまで以上に地域の発展にもつながるよりよい学校づくりを進めていきたいと考えています。

 最後に、今後も引き続き「進学も部活動も元気な、生徒が主役の学校」をめざし、鋭意努力してまいります。今後とも、本校教育に御理解と御協力をいただきますようお願い申し上げます。応援よろしくお願いいたします。

令和3年(2021年)4月